【知らないと損】通帳やマイナンバー通知カードのコピーは家でやるんですか?それとも…

【知らないと損】通帳やマイナンバー通知カードのコピーは家でやるんですか?それとも…

通帳やマイナンバー通知カードのコピーは家でやるんですか?それとも…

通帳やマイナンバー通知カードのコピーは家でやるんですか?それともコンビニでやるんですか?

アンサー

自分でコピーをするなら合法
人に預けてコピーさせるなら違法
それだけの話です。 場所は関係ありません。
ちなみに 働くときに 会社からマイナンバー通知カードのコピーを持ってきて
と言われても 提出は絶対でも強制でもなく
提出しないで済ます人は大勢おります
金額の多寡や職種に関係なくマイナンバー提出拒否は可能ですし 賢明な企業ならマイナンバーは取り扱いません。
マイナンバー提出拒否は 所得を隠したり脱税したりするためにするものではなく個人情報漏れや悪用を防ぐためにするものです。
マイナンバー制度は海外では通称国民総背番号制といい、ドイツやハンガリーでは憲法違反判決、アメリカや韓国では悪用され犯罪大国化するなど極めて悪名高い制度です。こんな制度を推進したい人は利権関係者、全体主義者、悪用を考えているなどろくな人間はいません。
きちんとした見識を持ち賢明な企業と賢明な労働者がいる企業ならまずマイナンバーは要求しませんし労働者も出しませんね。あとは意識の違いでしょう。
なおマイナンバー提出拒否しても不利益はないと政府は回答してます。
まずはっきり言えるのは
「税と社会保障の公平公正のためにマイナンバーを提出しなければなりません」的な回答は悪意あるデマだと思ってください。知恵袋にはその手の政府回答すら無視する悪質な荒らしがうろうろしております。
この件について一番多い「間違い回答」「デマ回答」は以下のようなものです。
【マイナンバー制度を導入した目的は脱税防止なので、職場にはマイナンバーを提出しなければならない】
これは事実ではありません。
政府回答は「マイナンバーを提出しなくても不利益はない」
ちなみにこのサイトは弁護士のホームページです。
://moriyama-lawcocolog-niftycom/machiben/2015/11/post-3c63ht
マイナンバー 朗報!事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善の対策は何もしないこと
【内閣府】
「個人番号カード」の取得は申請によるもので強制ではない。カードを取得しないことで不利益はない。
「扶養控除等申告書」「源泉徴収票」などの法定資料 や雇用保険、健康保険、厚生年金保険など書類に番号が記載されていなくても書類は受け取る。記載されていないことで従業員、事業者にも不利益はない。
従業員から番号の提出を拒否されたときは、その経過を記録する。しかし、記録がないことによる罰則はない。
【国税庁】
確定申告書などに番号未記載でも受理し、罰則・不利益はない。
事業者が従業員などの番号を扱わないことに対して国税上の罰則や不利益はない。
窓口で番号通知・本人確認ができなくても申告書は受理する。
これらのことは個人でも法人でも同じ。
【厚生労働省】
労働保険に関して共通番号の提示が拒否され、雇用保険取得の届け出で番号の記載がない場合でも、事務組合の過度な負担が生じないよう、ハローワークは届け出を従来通り受理する。罰則や不利益はない。
労働保険事務組合が番号を扱わないことによる罰則や不利益な扱いはない。
番号を記載した書類を提出するとき、提出者本人の番号が確認できない場合でも書類は受理する。
上記政府回答を基にして全商連や弁護士会がコメントを出しています
///
事業者は、マイナンバー制度が導入されたことにより、国税通則法などで税務書類等に個人番号の記載が義務付けられましたが、記載がなくても罰則がないため、国税庁は「記載がなくても不利益はない」と回答しています。そして、従業員には会社に対して個人番号の提示・提出する法的義務はありません。したがって、国税庁など省庁から不利益を受けることはないといえます。したがって、従業員側から企業に対して個人番号の提示を拒否しても問題はありません。企業経営者が従業員に対して個人番号を収集しないといった趣旨の通達を出すことについても、上記国税庁の回答から考えて不利益を受けることはないと考えています。ただし、国税庁は「事業者は個人番号を集める努力をして、それでも収集できなかった場合は、従業員に提示を拒否された旨の記録をとっておくこと」と回答していますが、記録をとらなかった場合の罰則・不利益はないことまでは確認しています。ちなみに国税庁は、税務調査が不利益とは考えていないという趣旨の回答をしています。国税庁の回答が今現在ではなく翌年 翌翌年でも未提出で済ませることができるかどうかの話ですが法改正がされない限りは、恒久的です。
もしマイナンバー制度に賛成している企業の経営者が、マイナンバー提出を拒否した従業員に対して、「提出しないと給料を払わない」などと脅している場合は個人番号提示・提出が給料などの支払い条件とする根拠を明らかにすることだと思います。個人番号制度は「税・社会保障・災害」分野での利用に限定されています。それ以外の利用は、目的外利用であり、違法であることを主張すべきです。
///
これを見てわかると思いますが、マイナンバーを提示された事業者は税務署などに提出する書類にマイナンバーを記載する義務を負うが、提示がなければ空欄で提出しても構いません。
何を意味するかというと「マイナンバーを提出しようとしまいと 税務署は正確な所得の捕捉に支障はない」のです。
マイナンバーを提出しなければ上記の法定資料にマイナンバー記載せずとも役所は書類を受理しますが、提出したら必ず記載しないといけません。そしてその控えは7年間保管義務が課せられます。
(所得税法施行規則76条3、国税通則法70条)
つまり 今すぐやめても7年間はアルバイト先にマイナンバーが残る→7年間情報が洩れる可能性があるっことです。
詳細は後述しますがハッカーや名簿屋などが協力して会社からマイナンバーが洩れ、役所からマイナンバーに紐付けられた情報が流出すれば個人情報が他人に知られる可能性があります。
マイナンバーを提出拒否したほうが良いというのは 所得を隠したいからではなくプライバシー保護(情報漏洩のリスク)の観点からですね。
マイナンバーの情報漏洩のリスクについては 以下参照ください
://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1116711062
://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1016450775
余談
マイナンバーを導入した側は↑のリンクで示した利権などが絡んでおり
推進したい人は利権関係者や犯罪による悪用を企んでいる人が大半だと思います。
彼らは本音を言えないので「マイナンバー制度の目的」を「脱税防止」だの「税と社会保障の公平公正のため」などと書き込こむことがありますが大ウソつきだと思ったほうがいいです。
不正摘発についてもっと詳しく言いましょうか?
・2003年に施行された本人確認法
・2008年に施行された犯罪収益移転防止法
・2001年から全国網となった国税総合管理システム
これにより 銀行口座は本人確認が必要となり 口座の入出金やその他の企業が税務署に提出した源泉徴収票の内容など法定資料は全て国税総合管理システムに情報が上がります。 だから仮名口座摘発も嘘であり 銀行口座を使わない手渡しにすればマイナンバーがあろうとなかろうと追えません。
この国税総合管理システムはお金のやり取りがあった場合、相手方も検索できるので 自分が脱税を試みて正しい申告をしなかったとしても相手が正しい申告をしていれば矛盾が生じで脱税がばれます。
本当に脱税をする気ならば国税総合管理システムに情報が上がらないように 銀行口座ではなくすべて手渡しでお金のやり取りをして受け取る方と払う方が共謀して法定資料を誤魔化す申告をすることが必要になります。
つまり、法定資料にマイナンバーを書くまいとそんなものは「飾り」のようなもので所得の捕捉などに影響しません。ですから雇用主が雇用者の依頼に応じて脱税に協力しない限りマイナンバーを提出しようとしまいと関係ないのです。
◆家庭用複合プリンターでコピーする事も出来ますが、パソコンなどで加工した可能性が否定できない。
変に疑われるより、素直にコンビニでコピーする方が良い。
◆家にプリンターがあれば おうちでできますよね。
なければ コンビニでするしか仕方ないと思います。 ですが コピーの後に取り忘れがないよう 充分 お気をつけてください。
◆提出先に聞きましょう。
◆家でもできるしどこでも可能だと思いますが、金融機関など郵送するなら、自分でコピーして封入することで、金融機関などで口座開設ならコピーしなくても窓口に任せたら済むことです
ただ、マイナンバーの通知カードはコピーしなくても番号を記入するだけで良いでしょう
写真入りのマイナンバーカードを身分証明代わりにコピーするなら別として。


質問タグ:マイナンバー,マイナンバー通知カード,マイナンバー制度,マイナンバー提出,コンビニ,国税庁,従業員

【決定版】1年前に別の都道府県でハローワークの登録をしたのですが、この度現在…

1年前に別の都道府県でハローワークの登録をしたのですが、この度現在…

1年前に別の都道府県でハローワークの登録をしたのですが、この度現在の都道府県のハローワークにお世話になることになりました。 その当時のデータは例え別の都道府県のハローワークを利用する場合であっても、残ってるものなんでしょうか?
と言いますのも、以前のハローワークで必要以上に都合の悪いデータを残している為、真っさらな気持ちでハローワークのお世話になりたいのですが・・・。

アンサー

なぜ都合の悪いデータがあるとお思いなんでしょう?求職者側からデータは見れないはずです。
職員からなにか言われたのでしょうか?
ハローワークカードの履歴に関しては、全国でオンライン化されているため、どこに行っても、行かれるハローワーク職員は把握しています。それは求人検索においても同じです。とこでも検索でき、どこでも応募できるようになっております。
本当にまっさらな気持ちになりたいのであれば、ハローワークの利用を最低でも2年使わずにいれば、過去のデータは削除され、再登録することになります。しかし一度でも使えば、データはその都度更新され残ってしまうことになります。
もちろん、そうは言っても利用したいタイミングというものはあります。
ただ、都合の悪いデータがあったもしても、職員はそこに触れるようなことはないと思いますし、応募者に不利益になるようなことはないと思いますが、、、。あるとするならよほどのトラブルがある時ですね。


質問タグ:ハローワーク,都道府県,悪いデータ,お世話,都合,ハローワーク職員,応募者

【嬉】マイナンバーを会社に提出するのは拒否できるのに 就職で必要になるか…

マイナンバーを会社に提出するのは拒否できるのに 就職で必要になるか…

マイナンバーを会社に提出するのは拒否できるのに
就職で必要になるからマイナンバーカードを作った方がいいという嘘つきがいるそうです
彼らは 利権関係者で マイナンバーで税金が無駄使いされて 消費税がいくら増税されても知らんという思想ですか?

アンサー

おっしゃる通りでございます
以下の 弁護士の見解 全商連に回答した政府の内容が全てであり
それ以上でもそれ以下でもありません
単に企業に国際的な視点も含めて正しい知識があるかどうかの違い
金額の多寡や職種に関係なくマイナンバー提出拒否は可能ですし 賢明な企業ならマイナンバーは取り扱いません。
マイナンバー提出拒否は 所得を隠したり脱税したりするためにするものではなく個人情報漏れや悪用を防ぐためにするものです。
マイナンバー制度は海外では通称国民総背番号制といい、ドイツやハンガリーでは憲法違反判決、アメリカや韓国では悪用され犯罪大国化するなど極めて悪名高い制度です。こんな制度を推進したい人は利権関係者、全体主義者、悪用を考えているなどろくな人間はいません。
きちんとした見識を持ち賢明な企業と賢明な労働者がいる企業ならまずマイナンバーは要求しませんし労働者も出しませんね。あとは意識の違いでしょう。
なおマイナンバー提出拒否しても不利益はないと政府は回答してます。
まずはっきり言えるのは
「税と社会保障の公平公正のためにマイナンバーを提出しなければなりません」的な回答は悪意あるデマだと思ってください。知恵袋にはその手の政府回答すら無視する悪質な荒らしがうろうろしております。
この件について一番多い「間違い回答」「デマ回答」は以下のようなものです。
【マイナンバー制度を導入した目的は脱税防止なので、職場にはマイナンバーを提出しなければならない】
これは事実ではありません。
政府回答は「マイナンバーを提出しなくても不利益はない」
ちなみにこのサイトは弁護士のホームページです。
://moriyama-lawcocolog-niftycom/machiben/2015/11/post-3c63ht
マイナンバー 朗報!事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善の対策は何もしないこと
【内閣府】
「個人番号カード」の取得は申請によるもので強制ではない。カードを取得しないことで不利益はない。
「扶養控除等申告書」「源泉徴収票」などの法定資料 や雇用保険、健康保険、厚生年金保険など書類に番号が記載されていなくても書類は受け取る。記載されていないことで従業員、事業者にも不利益はない。
従業員から番号の提出を拒否されたときは、その経過を記録する。しかし、記録がないことによる罰則はない。
【国税庁】
確定申告書などに番号未記載でも受理し、罰則・不利益はない。
事業者が従業員などの番号を扱わないことに対して国税上の罰則や不利益はない。
窓口で番号通知・本人確認ができなくても申告書は受理する。
これらのことは個人でも法人でも同じ。
【厚生労働省】
労働保険に関して共通番号の提示が拒否され、雇用保険取得の届け出で番号の記載がない場合でも、事務組合の過度な負担が生じないよう、ハローワークは届け出を従来通り受理する。罰則や不利益はない。
労働保険事務組合が番号を扱わないことによる罰則や不利益な扱いはない。
番号を記載した書類を提出するとき、提出者本人の番号が確認できない場合でも書類は受理する。
上記政府回答を基にして全商連や弁護士会がコメントを出しています
///
事業者は、マイナンバー制度が導入されたことにより、国税通則法などで税務書類等に個人番号の記載が義務付けられましたが、記載がなくても罰則がないため、国税庁は「記載がなくても不利益はない」と回答しています。そして、従業員には会社に対して個人番号の提示・提出する法的義務はありません。したがって、国税庁など省庁から不利益を受けることはないといえます。したがって、従業員側から企業に対して個人番号の提示を拒否しても問題はありません。企業経営者が従業員に対して個人番号を収集しないといった趣旨の通達を出すことについても、上記国税庁の回答から考えて不利益を受けることはないと考えています。ただし、国税庁は「事業者は個人番号を集める努力をして、それでも収集できなかった場合は、従業員に提示を拒否された旨の記録をとっておくこと」と回答していますが、記録をとらなかった場合の罰則・不利益はないことまでは確認しています。ちなみに国税庁は、税務調査が不利益とは考えていないという趣旨の回答をしています。国税庁の回答が今現在ではなく翌年 翌翌年でも未提出で済ませることができるかどうかの話ですが法改正がされない限りは、恒久的です。
もしマイナンバー制度に賛成している企業の経営者が、マイナンバー提出を拒否した従業員に対して、「提出しないと給料を払わない」などと脅している場合は個人番号提示・提出が給料などの支払い条件とする根拠を明らかにすることだと思います。個人番号制度は「税・社会保障・災害」分野での利用に限定されています。それ以外の利用は、目的外利用であり、違法であることを主張すべきです。
///
これを見てわかると思いますが、マイナンバーを提示された事業者は税務署などに提出する書類にマイナンバーを記載する義務を負うが、提示がなければ空欄で提出しても構いません。
何を意味するかというと「マイナンバーを提出しようとしまいと 税務署は正確な所得の捕捉に支障はない」のです。
マイナンバーを提出しなければ上記の法定資料にマイナンバー記載せずとも役所は書類を受理しますが、提出したら必ず記載しないといけません。そしてその控えは7年間保管義務が課せられます。
(所得税法施行規則76条3、国税通則法70条)
つまり 今すぐやめても7年間はアルバイト先にマイナンバーが残る→7年間情報が洩れる可能性があるっことです。
詳細は後述しますがハッカーや名簿屋などが協力して会社からマイナンバーが洩れ、役所からマイナンバーに紐付けられた情報が流出すれば個人情報が他人に知られる可能性があります。
マイナンバーを提出拒否したほうが良いというのは 所得を隠したいからではなくプライバシー保護(情報漏洩のリスク)の観点からですね。
マイナンバーの情報漏洩のリスクについては 以下参照ください
://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1116711062
://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q1016450775
余談
マイナンバーを導入した側は↑のリンクで示した利権などが絡んでおり
推進したい人は利権関係者や犯罪による悪用を企んでいる人が大半だと思います。
彼らは本音を言えないので「マイナンバー制度の目的」を「脱税防止」だの「税と社会保障の公平公正のため」などと書き込こむことがありますが大ウソつきだと思ったほうがいいです。
不正摘発についてもっと詳しく言いましょうか?
・2003年に施行された本人確認法
・2008年に施行された犯罪収益移転防止法
・2001年から全国網となった国税総合管理システム
これにより 銀行口座は本人確認が必要となり 口座の入出金やその他の企業が税務署に提出した源泉徴収票の内容など法定資料は全て国税総合管理システムに情報が上がります。 だから仮名口座摘発も嘘であり 銀行口座を使わない手渡しにすればマイナンバーがあろうとなかろうと追えません。
この国税総合管理システムはお金のやり取りがあった場合、相手方も検索できるので 自分が脱税を試みて正しい申告をしなかったとしても相手が正しい申告をしていれば矛盾が生じで脱税がばれます。
本当に脱税をする気ならば国税総合管理システムに情報が上がらないように 銀行口座ではなくすべて手渡しでお金のやり取りをして受け取る方と払う方が共謀して法定資料を誤魔化す申告をすることが必要になります。
つまり、法定資料にマイナンバーを書くまいとそんなものは「飾り」のようなもので所得の捕捉などに影響しません。ですから雇用主が雇用者の依頼に応じて脱税に協力しない限りマイナンバーを提出しようとしまいと関係ないのです。
◆今年になっても
マイナンバーを会社に提出拒否できるのであれば
相当、危ない会社だと思うけど?
離職を考えた方が良いとおもうよ。


質問タグ:マイナンバー,マイナンバーカード,マイナンバー制度,マイナンバー提出,利権関係者,国税庁,従業員

【緊急版】ハローワークで印刷した求人ですが、何枚まで持って行ってもいいでし…

ハローワークで印刷した求人ですが、何枚まで持って行ってもいいでし…

ハローワークで印刷した求人ですが、何枚まで持って行ってもいいでしょうか?(まだ応募は決めていない)

アンサー

ID非公開さん
>1回の検索で印刷できる枚数は決められていますが、何度も検索すれば何十枚でも印刷する事は可能ですし、持ち帰ることも可能です。
地元のハローワークでは、1回の検索で印刷できる求人票の枚数は5枚ですが、持ち帰る枚数には制限がありませんので、20回検索×5枚=100枚持ち帰ることも可能です。
混雑時には利用時間が30分に制限されますので、そんなには印刷することは出来ませんが、それでも20枚程度持ち帰ったこともあります。
※ハローワーク毎に、検索時かにゃ印刷枚数はことなる場合もあり得ますので、ご利用されるハローワークで確認されるのが一番確実ですね…
◆何枚をもって相談に行ってもいいのかということです
◆常識の範囲であればいいと思いますよ。
自分の選考で数十社もってことは無いと思うので。
◆検索した時にそこから持って帰る枚数⇒そこの職安によって決まっていると思うのですが。職安の受付の人に聞いてみるといいかと。
その案件を紹介してもらう時に持って行く枚数⇒御自分で管理できる範囲内で。
自分は履歴書書く時書き間違えが多いので同時に二社を限度としています。


質問タグ:ハローワーク,枚数,応募,職安,ID非公開さん,御自分,ハローワーク毎

コメント